4208 宇部興産 東証1 15:00
2,853円
前日比
+119 (+4.35%)
比較される銘柄: 三菱ケミHD昭電工住友化
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.8 0.96 2.63 2.25

銘柄ニュース

戻る
2017年01月17日13時01分

宇部興産は堅調推移、グループ会社が自動車向けFPC材料の量産化を発表

 宇部興産<4208>が堅調に推移している。グループの宇部エクシモはきょう、自動車向けの基板材料として最適なフレキシブルプリント配線板(FPC)材料「ユピセルN-厚銅タイプ」および放熱基板材料「ユピセルH」の量産化、本格販売を発表。自動車のパワーモジュールやLEDライト向けの基板材料として採用拡大を目指すとしている。

 また、宇部興産はきょう、主に自動車部品やフイルムなどに使われるナイロン6樹脂製品を値上げすることを決め、ユーザーとの交渉を開始すると発表。主原料価格が高騰していることが背景にあり、事業収益の改善を行うことが目的だとしている。なお、同製品の値上げ表明は13年3月以来で、実施時期は2月1日出荷分からを予定している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均