4203 住友ベークライト 東証1 15:00
665円
前日比
-3 (-0.45%)
比較される銘柄: 三菱ケミHDゼオン住友化
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.4 0.95 1.50 1.03

銘柄ニュース

戻る
2016年03月14日14時55分

住友ベーク、国内大手はコスト削減に目処がついた後の課題は、トップラインの拡大と指摘

 住友ベークライト<4203>が大幅続伸。後場も堅調展開となっている。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は同社について、コスト削減にメドがついた後の課題は、トップラインの拡大であると指摘。その最大の候補はLαZとみて、第3四半期決算後の電話会議で会社は、「アプリケーションプロセッサー、メモリで新規採用が従来考えていたようにすすんでいる」とコメントしたことも踏まえ、今後、これらの分野でさらに納入先が増えていく可能性もあり、そうなれば17年3月期以降の拡大に大きく弾みがつこうと解説。

 レーティング「ニュートラル」、目標株価590円を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均