4183 三井化学 東証1 15:00
523円
前日比
-5 (-0.95%)
比較される銘柄: 三菱ケミHD旭化成昭電工
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.5 1.36 1.91 1.72

銘柄ニュース

戻る
2016年07月27日16時23分

本日の注目個別銘柄:信越化学、日本ゼオン、ミツミ電機など


<6767> ミツミ電機 566 +60
急騰。任天堂が今後発売を予定している「ポケモンGOプラス」の製造を担う企業として思惑が高まっているもようだ。「ポケモンGOプラス」の製造場所とされている場所が、同社の中国の事業所と一致しているもようだ。もともと、同社は「ポケモンGOプラス」の製造委託先企業として有力視されてきた一社でもある。

<4183> 三井化学 441 +51
急伸。業績観測報道が伝わっており、ポジティブサプライズと受け止められている。4-6月期営業利益は230億円前後となり、前年同期をやや上回ったもようとされているほか、4-9月期は430億円強と前年同期比5%増になる見通しとされている。市場予想は4-6月期が130億円レベル、4-9月期が300億円レベルであったと見られる。三菱ケミカルなど他の石化メーカーにも好決算期待が波及へ。

<8001> 伊藤忠 11852.5 -79.5
大幅続落。グラウカス・チサーチが「強い売り推奨」とのレポートを公表しており、売り材料視されている。目標株価は631円とされているようだ。グラウカスは、利益の水増しや資金の流用などで業績が本来の数字より大きく開示され、本来の価値から不当に高く評価されている銘柄を空売りすることで知られている。7月から日本株投資を開始しているもようだ。

<4063> 信越化学 7087 +898
大幅反発。前日に発表した第1四半期営業利益は600億円で前年同期比17%増益、市場予想を100億円近く上回った。新たに示した通期予想は2250億円で前期比8%増益の予想、為替想定レートを1ドル=100円としながらも、市場予想を上回る見通しとなっている。モルガン・スタンレーMUFG証券やマッコーリー証券では投資判断を格上げへ。

<4205> 日本ゼオン 783 +68
後場に入って上げ幅を広げる。前引け後に第1四半期の決算を発表、営業利益は70.5億円で前年同期比10%減益、上半期計画135億円、同18%減益予想に対して高い進捗となっている。第1四半期の市場予想は61億円レベルであった。電池材料、電子材料の売上好調、医療用途の高機能樹脂などが下支えになっているようだ。

<2413> エムスリー 3340 -305
大幅続落。前日に4-6月期の決算を発表、営業利益は62億円で前年同期比24%増益となっている。60億円程度であった市場予想も上回る好決算であった。ただ、好業績は織り込み済みとして、短期的な出尽し感が強まる状況になっているもよう。ドイツ証券では投資判断を「バイ」から「ホールド」に格下げ。バリュエーション面での高評価に違和感はないとしながらも、株価上昇で達成感が出てきたと指摘。

<6988> 日東電工 6968 +489
大幅反発。4-6月期決算を発表した米アップルが時間外取引で大幅に上昇、アップル関連銘柄の一角として買い材料視されている。アップルの4-6月期売上高は市場予想よりも小幅な減少にとどまり、7-9月期見通しも市場予想を上回る可能性が示された。アイフォーンの4-6月期販売台数は前年同期比減少も、市場予想は上回っており、1-3月期での底打ちが意識される形になっている。

<2502> アサヒG 3551 +112
大幅続伸。上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の443億円から524億円、減益予想から一転、前年同期比11%増益にまで増額している。国内の酒類、飲料、食品事業における増収効果、オセアニアなどの国際事業が想定を上回ったもよう。修正値は市場予想を50億円程度上回ったと見られ、素直にポジティブに捉えられている。
《XH》

 提供:フィスコ

日経平均