4183 三井化学 東証1 11:30
523円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: 三菱ケミHD旭化成昭電工
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.5 1.36 1.91 1.72

銘柄ニュース

戻る
2016年07月19日13時01分

国内大手証券、東洋紡と大陽日酸は為替前提が100円/ドルでも増益確保が可能との見解

 SMBC日興証券は、2016年7月以降の為替前提を100円/ドル(従来110円)、110円/ユーロ(125円)として、化学・繊維セクターのカバレッジ各社の業績予想を変更した、とのリポートをリリース。銘柄間で程度の差はあるものの、総じて急激な円高進行はネガティブで、カバレッジ各社全体の従来予想比で16年度の営業利益は6%の下方修正となったと説明。

 同証券ではさらに、営業外収支として計上する為替差損も織り込むと経常利益段階では下方修正幅が10%まで拡大したと指摘。個別銘柄では、為替感応度の大きい昭和電工<4004>、SUMCO<3436>、JSR<4185>、カネカ<4118>、ダイセル<4202>の減額率が大きくなったと解説。ただ、化学・繊維セクター内のトップピックには、東洋紡<3101>、東ソー<4042>、三井化学<4183>の3銘柄に加え、今回これに大陽日酸<4091>を追加。中でも、東洋紡と大陽日酸は為替前提が100円/ドルでも増益確保が可能との見解を示している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均