4182 三菱ガス化学 東証1 11:30
2,649円
前日比
+25 (+0.95%)
比較される銘柄: 三井化学住友化三菱ケミHD
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.1 1.23 2.04 6.21

銘柄ニュース

戻る
2017年03月21日10時30分

菱ガス化が逆行高、今期業績上振れ余地に加え来期も続伸有望

 三菱ガス化学<4182>は全般悪地合いに抗して上値を慕う展開。三菱系化学メーカーで業績は大幅増益基調が続いている。原料安による採算改善効果に加え、旺盛な半導体需要を背景に同パッケージ用BT材料などが好調で収益に貢献している。今17年3月期経常利益は370億円から550億円予想に増額修正しているが、さらに上振れて着地する可能性も指摘される。また、来期はメタノール市況の底入れメリットも利益の伸びに反映されそうだ。

 株価は昨年8月以降半年以上にわたり13週移動平均線をサポートラインとした強靭な上昇トレンドを構築中、中期的なファンド系資金など機関投資家の組み入れの動きを反映している。時価PERは13倍前後で依然として割高感に乏しい。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均