4151 協和発酵キリン 東証1 15:00
1,555円
前日比
+36 (+2.37%)
比較される銘柄: 第一三共アステラス武田
業績: 今期予想
医薬品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
47.3 1.44 1.61 2.84

銘柄ニュース

戻る
2016年07月07日10時37分

協和発酵キリン、国内大手証券は19年12月期以降は業績が大幅に改善すると予想

 協和発酵キリン<4151>が大幅続伸。現在はやや上げ幅を縮小している。

 国内大手証券では、16年12月期から18年12月期は新薬が乏しく、投資が先行する時期が続くと見ているものの、19年12月期以降は新薬3剤の貢献で業績が大幅に改善すると予想。株価に織り込むステージが近づいたと考え、レーティングを「ニュートラル」から「バイ」に、目標株価を1900円から2500円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

日経平均