4118 カネカ 東証1 11:29
917円
前日比
+18 (+2.00%)
比較される銘柄: 三菱ケミHD昭電工旭化成
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.5 1.05 1.96 0.38

銘柄ニュース

戻る
2015年09月04日14時48分

国内有力、波乱相場のなか業績予想が切り上がった注目銘柄

 国内有力証券では、「日本株は市場が落ち着きを取り戻せば、徐々に企業のファンダメンタルズを重視した相場に回帰していく」と指摘。8月の世界的な波乱相場の中、着実に業績の市場予想を切り上げていた銘柄をスクリーニングして、「株式市場が落ち着きを見せれば、こうした銘柄群は株価見直しの動きを強める」と解説。
 『波乱相場の中、業績予想が切り上がった注目銘柄』として、同業他社に比べ出遅れ感のある大林組<1802>、PBRに割安感がある関電工<1942>、企業の旺盛な人材需要を背景に好業績が期待されるテンプホールディングス<2181>、アナリスト予想の通期経常利益が直近1カ月で約10%増加しているカネカ<4118>などをピックアップしている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均