4114 日本触媒 東証1 15:00
7,080円
前日比
-120 (-1.67%)
比較される銘柄: 三洋化住友精化東合成
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.1 1.06 2.12 0.34

銘柄ニュース

戻る
2016年01月12日10時55分

日本触媒に強気評価、ゴールドマンは「買い」でカバレッジ開始

 日本触媒<4114>に強気評価が出ている。ゴールドマン・サックス証券は11日、同社株の投資判断を新規「買い」とした。目標株価は1万500円に設定している。

 同社は紙オムツの主原料である高吸水性樹脂(SAP)の世界最大手の1社。紙オムツの世界需要は中国を成長ドライバーとして、今後5年間は平均5%の拡大が見込まれるが、同証券では「同社の営業利益は今後3年間で約19%、5年間で13%の増益を遂げるだろう」と予測。姫路、ベルギーの能力増強により需要増に対応する生産体制も盤石、株価も連結PER11倍前後と割安感を指摘している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均