4112 保土谷化学工業 東証1 15:00
6,450円
前日比
+120 (+1.90%)
比較される銘柄: 宇部興ゼオン昭電工
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.5 1.52 0.78 4.93

銘柄ニュース

戻る
2016年11月07日13時31分

平田機工急反発、有機EL関連株に波状的買い攻勢

 平田機工<6258>が急反発、一時6%高の7170円まで上値を伸ばしたほか、保土谷化学工業<4112>、アルバック<6728>、日新電機<6641>など有機EL分野に経営資源を傾注する銘柄に買いが集まっている。

 韓国サムスン、LGに猛追をかける形で中国のパネルメーカー東方科技集団(BOE)や華星光電(CSOT)など大手が、有機EL関連投資を一気に積極化させるとの観測が一部で報じられ、これが手掛かり材料となって投機資金の食指を動かしている。平田機工は製造装置メーカー向け真空チャンバーの受託製造事業を展開、日新電機は有機EL向けイオン注入装置を手掛ける。アルバックは薄型ディスプレー製造装置メーカーとして中国向けで高実績を有するほか、保土谷化は国内で正孔輸送材、韓国子会社で発光材料を生産するなど有機EL材料を展開し注目されている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均