4112 保土谷化学工業 東証1 15:00
2,881円
前日比
+10 (+0.35%)
比較される銘柄: ゼオン昭電工宇部興
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.5 0.79 2.08 1.47

銘柄ニュース

戻る
2016年08月26日13時53分

Vテクなど有機EL関連がは下落、シャープの有機EL投資計画の見直し検討報道で失望感

 ブイ・テクノロジー<7717>や日新電機<6641>、保土谷化学工業<4112>など有機EL関連銘柄の一角が下落している。きょう付の日本経済新聞で、「シャープは次世代ディスプレーとして期待される有機ELパネルの投資計画を見直す検討に入った」と報じられたことを受けて、失望売りが出ているようだ。

 記事によると、台湾の鴻海精密工業からの出資を受けて、総額2000億円を投じて2018年にも量産を始める予定だったが、量産時期が遅れる可能性があるという。ただ、シャープ以外にも、韓国のサムスン電子やLGディスプレーなどがスマートフォン向けに大型投資を決めているほか、国内ではジャパンディスプレイ<6740>などが量産を検討しており、関連装置需要への影響は少ないとの見方も強い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均