4109 ステラ ケミファ 東証1 15:00
2,915円
前日比
-30 (-1.02%)
比較される銘柄: 関電化住友ベ昭電工
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.7 1.39 1.30 70.54

銘柄ニュース

戻る
2016年01月05日10時10分

ステラケミファが急反発、リチウムイオン電池添加剤で成長期待

 ステラ ケミファ<4109>が急反発。株価は昨年12月下旬から高値圏で売り玉をこなすもみ合い展開にあるが、2000円台を割り込む水準では押し目買いが活発化する。

 ハイエンド化が進むスマートフォンのガラスを薄化加工する過程で、同社の手掛ける高純度化合物の需要が旺盛。スマートフォンやEV市場の拡大などを背景に、リチウムイオン電池の需要も拡大顕著で、同電池材料向け添加剤も売り上げを伸ばしている。株価は昨年11月に業績の上方修正を契機に人気化、戻り売り玉が希薄であったところに継続的な実需買いが流入したことで、株価は一気に2013年5月以来、2年8カ月ぶりの水準まで上値を伸ばしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均