貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
日経平均株価の構成銘柄。同指数に連動するETFなどファンドの売買から影響を受ける側面がある
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
信越化の【株価予想】【業績予想】を見る

4063信越化学工業

東証1
14,480円
前日比
-10
-0.07%
比較される銘柄
SUMCO, 
三菱ケミHD, 
住友化
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.26 1.25
時価総額 6333億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

今週のマーケット展望「FOMC、米GDPなどイベント目白押し」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)


皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。

4連休はゆっくりできましたでしょうか?日本が4連休の間に、米中関係のさらなる悪化が懸念され、米国市場は続落。今朝の日経平均も大きく下げて始まりましたが、ここからどう動くのか、気になるところですよね。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、7月27日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。


まず広木さんは『今週はFOMC、米国の4-6月期GDPの発表、中国PMI、決算発表のピークなど重要イベントが目白押しだ』と言及。

『まず28日、29日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される』とし、『公表された前回の議事要旨によれば、多くのメンバーがYCC(イールドカーブコントロール)について懐疑的でフォワードガイダンスのほうを支持している』と解説しています。

さらに『経済には当面、支援が必要であり、今後の会合で政策見通しを明確に伝達するよう努めるべきだとの認識を複数の参加者が示したとも記されていた』とし、『従って今回は金融政策の変更はないだろうが、どのようなメッセージを打ち出すか注目される』とみています。

また、『30日に米国の4-6月期GDP速報値が発表される』として、『市場予想はマイナス33.4%(前回マイナス5%)だが、経済再開後の各種指標からは予想を上回る可能性が示唆される。上振れを期待したい』と見解を述べています。

そして、今週は『決算発表も本格化する』とのこと。日本では『27日は日東電工<6988>、日立建機<6305>、28日は信越化学<4063>、東京エレクトロン<8035>、日産自動車<7201>、29日はエムスリー<2413>、野村ホールディングス<8604>、ANAホールディングス<9202>、30日は東日本旅客鉄道<9020>、日立製作所<6501>、パナソニック<6752>、 オリエンタルランド<4661>、31日はキーエンス<6861>、塩野義製薬<4507>、村田製作所<6981>などの発表が予定されている』と説明。

一方、米国企業では、『アップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)、アルファベット(GOOGLE)などの決算発表が30日に予定されている』と伝えています。

広木さんは、『東京市場の連休中、米国市場では株価が下落、特に相場のけん引役であったハイテク株が崩れてきたのは市場のセンチメントを悪化させている』とし、『ドル円も一時105円台まで円高に振れた。米中対立も双方領事館の閉鎖などエスカレートしている』と指摘。

『こうした相場環境では週明けの日本株は大幅下落でのスタートは避けられないが、 その後、上記の重要イベントを契機として再び切り返すような展開をイメージしている。相場は上へ放れかけているので、ここでいったん弱気筋を振るい落してから、水準を切り上げるのだろう。週初の大幅安は押し目買いのチャンスではないか』とみています。

また、『慎重に対処するなら、2万2500円レベルにある25日移動平均を早期に奪回できるかを確かめてからのエントリーでもよいだろう』とも分析しています。

最後に、今週のレンジについて『2万2300円?2万2900円とする』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ

《HH》

 提供:フィスコ

日経平均