4063 信越化学工業 東証1 15:00
9,799円
前日比
+110 (+1.14%)
比較される銘柄: SUMCO三菱ケミHD旭化成
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.4 1.70 2.04 4.15

銘柄ニュース

戻る

前日に動いた銘柄 part2:リミックスポイント、富士ソフSB、ディーエムエスなど


銘柄名<コード>⇒26日終値⇒前日比

ネクステージ<3186> 887 -41
信用買い方の整理売りなど需給面も影響か。

日本ライフライン<7575> 2668 -82
27日の決算発表前に換金売りが優勢となる。

三菱自動車工業<7211> 857 -36
決算発表後は利食い売りが優勢の展開に。

Gunosy<6047> 2081 -85
25日急騰の反動で利食い売り優勢。

ファナック<6954> 21115 -800
決算発表受けて野村證券では格下げへ。

マネックスグループ<8698> 607 -20
ビットコイン価格の上昇一服で。

SUMCO<3436> 2393 +24
アドバンテストなど半導体関連の好決算評価も。

ソフトバンクグループ<9984> 9254 -316
日経平均採用の値嵩株として需給懸念続く。

小松製作所<6301> 3386 -18
決算後の日立建機の株安などもマイナス視。

三井住友<8316> 4507 +37
異次元緩和の副作用検討方向などを引き続き期待視。

ファーストリテ<9983> 48520 -900
日銀のETF購入配分見直し検討報道を弱材料視。

日本電産<6594> 16805 -310
決算インパクト乏しく出尽くし感先行へ。

信越化学工業<4063> 10980 +170
決算想定線も配当計画を好感。

日立建機<6305> 3795 -100
好決算発表も中国市場の先行き懸念拭えず出尽くし感。

エムスリー<2413> 4395 +100
第1四半期想定通りの好決算も出尽くし感。

省電舎HD<1711> 614 +28
レノバなどの上昇で再生エネ関連として関心も。

リミックスポイント<3825> 1233 -120
ビットコイン価格上昇一服などで利食い売りも。

ジーエヌアイ<2160> 3525 -20
米国での肝疾患向けF351の第1相臨床試験完了。

MSコンサル<6555> 1334 +68
本則市場への変更申請に向け準備開始。

EAJ<6063> 1110 +40
今期営業利益見通しを1.15億円に上方修正。

NTTDIM<3850> 2190 +70
8月1日付で東証2部へ市場変更。

RPA<6572> 11380 -10
子会社が日本マイクロソフトとクラウド型RPAを共同開発。

富士ソフSB<6188> 899 +116
今期営業利益見通しを5.55億円に引き上げ。

バリューゴルフ<3931> 1869 +118
産経旅行を子会社化。

ディーエムエス<9782> 1604+300
今期営業利益見通しを12.22億円に上方修正。

AppBank<6177> 579 -100
仮想通貨SPINDLEの取り扱い一時停止を発表。

エクスモーション<4394> 4865 -
26日マザーズ上場、初値は公開価格を49.7%上回る。

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均