4063 信越化学工業 東証1 15:00
8,611円
前日比
-28 (-0.32%)
比較される銘柄: SUMCO三菱ケミHD旭化成
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
22.9 1.86 1.39 1.44

銘柄ニュース

戻る
2016年07月22日11時20分

信越化、欧州大手証券はPVCでの増益基調は十分に織り込まれていないと指摘

 信越化学工業<4063>が反落。株価は5日移動平均線を下回って推移している。

 UBS証券では、主力のPVC(塩ビ樹脂)子会社シンテックが2期連続で減益となったことや、建設中のエタンクラッカーについて原油安による競争力低下が懸念されることから、株式市場ではシンテックへの成長期待が低下していると指摘。それでも、シンテックが再び全社利益の牽引役となると予想し、同社の株価ドライバーであるPVCでの増益基調は未だ十分に織り込まれていないと解説。

 タイミングとしてはやや早いかもしれないものの、投資妙味が増してくると考え、レーティング「バイ」、目標株価7200円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース

日経平均