4005 住友化学 東証1 15:00
594円
前日比
+13 (+2.24%)
比較される銘柄: 三菱ケミHD昭電工旭化成
業績: 今期予想
化学
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.2 1.39 2.36 0.86

銘柄ニュース

戻る
2016年08月22日14時44分

国内大手証券、化学セクターの注目銘柄は東ソー、三井化学など

 野村証券は化学・繊維セクターのリポートで「中国・アジアの好影響を受けやすい総合化学に注目」としている。特に、自動車や建築用途などを中心にアジア・中国向けの化学・繊維製品の需要が回復している。中国には過剰生産など構造的な問題があり、需要拡大が不透明としているが、「たとえば自動車では減税効果が切れると見込まれる16年12月期にかけて需要が上振れする可能性がある」と指摘。その場合、「7~9月期や10~12月期の化学・繊維企業の業績にプラスとなるだろう」とみている。

 個別銘柄では、塩ビなど景気敏感製品を持ち、需給悪化懸念の製品が相対的に少ない東ソー<4042>や三井化学<4183>は割安感があり、投資評価は「バイ」とし推奨している。また、三菱ケミカルホールディングス<4188>はMMAの需給改善などの好影響を受ける可能性がある。住友化学<4005>はサウジアラビアの「ぺトロ・ラービグ」プロジェクトの第2期投資の安定稼働やメチオニン市況の改善といった課題がクリアできれば現状より高い評価が可能とみている。両社の投資評価は「ニュートラル」としている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均