3932 アカツキ 東証M 15:00
2,160円
前日比
-64 (-2.88%)
比較される銘柄: クルーズKLabgumi
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.9 3.45 50.53

銘柄ニュース

戻る
2016年06月15日19時23分

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家hina氏:リスク回避するなら「金」も投資対象に!


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家hina氏(ブログ「hinaの株ブログ」の著者)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年6月14日引け後に執筆

みなさまこんにちは。
「hinaの株ブログ」という投資ブログを書いています、「hina」と申します。

6月14日、東証マザーズ指数は2カ月ぶりの1000ポイント割れとなりました。新興市場の柱である、そーせい<4565>やアキュセラ・インク<4589>が崩れて、個人投資家の保有株が多い中低位株や新興銘柄が全面安のセリングクライマックスとなってしまいました。

CRI・ミドルウェア<3698>、フリークアウト<6094> 、マイネット<3928>、アカツキ<3932>、日本ラッド<4736>、オンコリスバイオファーマ<4588>、セレス<3696>など最近まで人気のあった銘柄ほど下げがきつい状態でした。

毎年、このような暴落が何度か来ますが、15、16日の米国のFOMC、日銀金融政策決定会合の前に到来した格好となりました。また、23日に国民投票を迎えるイギリスのEU離脱問題が控えていますし、投資家のリスク回避の動きから売りが拡大しています。

ですが、ただ腕を組んで見ていても仕方ありません。
今年は参議院選挙前でここからは気を取り直して、今は保有株の枚数を減らしたり、損失を限定させたりなど銘柄整理をして嵐が過ぎるのを待ちたいと思います。

また、世界的な金融市場の不安定から安全資産の「金」への資金シフトが顕著になってきています。
為替市場では円買いが進み、株式市場にとっては波乱含みの展開がまだまだ続きそうです。

安全資産の「金」に注目するなら銘柄はいろいろありますが、
SPDRゴールド・シェア<1326>は板を見るとあまり動かず市場性がありません。

金関連のETFは長期投資向きで、配当取りなどには良いですが目先のヘッジには向いていません。

ですので、私は以下の2銘柄がお勧めかなと思います。

金連動投信<1328>

純金上場信託<1540>

株式よりもローリスクな安全資産として、金の指数を買うのも一考かもしれません。

目先はこの2日で下落した日経平均の反発なども期待して、保有株は我慢どころとし、金価格連動型商品のヘッジなどで乗り切りたいと思います。

また金ではありませんが、日銀金融政策決定会合でどのような政策が出されるのか気になりますので、今から日経225オプションの(16-07)コールを買うなども短期のヘッジとして良いかなと思います。


他にも、銘柄の探し方、注目の仕方、リアルタイムでお奨めの個別銘柄などは私のブログ『hinaの株ブログ』にて毎日配信中ですので、こちらもチェックしてみてください★(^^)/。

『hinaの株ブログ』で検索すると私のブログが表示されると思います♪

----

執筆者名:hina
ブログ名:hinaの株ブログ

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均