信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
はてなの【株価予想】【業績予想】を見る

3930はてな

東証M
2,127円
前日比
+46
+2.21%
比較される銘柄
GMOメディ,
ディーエヌエ,
フルスピード
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
32.2 3.07 2.98
時価総額 63.5億円

銘柄ニュース

戻る

はてな---3Qも2ケタ増収増益、業績予想の上方修正も発表


はてな<3930>は5月31日、2019年7月期第3四半期(18年8月-19年4月)決算を発表した。売上高が前年同期比26.1%増の19.46億円、営業利益が同59.0%増の3.94億円、経常利益が同51.7%増の3.96億円、四半期純利益が同52.8%増の2.70億円となった。

コンテンツプラットフォームサービスは、主力の「はてなブログ」の登録ユーザー数や、月間ユニークブラウザ数が順調に推移し、「はてなブログ」の有料プラン「はてなブログPro」等の課金売上も好調に推移した。

コンテンツマーケティングサービスの売上高は前年同期比17.2%増となった。「はてなブログMedia」サービスにおいて、機能強化に努めた。また、提供サービスプランに「レギュラー」「ライト」の2プラン制を導入し、新規導入のオウンドメディアの媒体メディア数が増加した。更に、媒体メディアに掲載されるネイティブ広告、バナー広告等の広告売上も、「はてなブログMedia」の運用媒体数の増加に伴い、堅調に推移した。

テクノロジーソリューションサービスの売上高は、第3四半期累計期間の売上高としては過去最高となった。受託サービスは、Webマンガサービスに特化した同社開発のマンガビューワ(GigaViewer)が、ビューワ機能提供開始以降、合計7サービスに採用された。また、任天堂<7974>の受託開発案件の納品及び検収が複数完了し、収益認識にいたった。保守運用サービスでは、納品済受託開発案件の積上による運用数の増加により、前年同期比33.1%増となった。

2019年7月期通期については、同日、業績予想の上方修正を発表した。売上高が前期比20.7%増(前回予想比0.1%増)の25.24億円、営業利益が同38.2%増(同24.6%増)の4.41億円、経常利益が同32.4%増(同25.4%増)の4.43億円、当期純利益が同29.1%増(同24.3%増)の3.02億円としている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均