3923 ラクス 東証M 10:39
1,960円
前日比
-22 (-1.11%)
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
99.7 22.08 0.21 1.85

銘柄ニュース

戻る

新興市場銘柄ダイジェスト:ラクスが急反発、FRONTEOは年初来高値更新


<3923> ラクス 1790 +95
急反発。4月の全社売上高(連結)が前年同月比41.8%増の6.49億円だったと発表している。クラウドサービスの受注が好調だったことに加え、2月に子会社化した法人向けメール配信サービスのブレインメールの売上が加わり、クラウド事業が同49.6%増と大幅に伸びた。クラウド経費精算システム「楽楽精算」は同68.4%増だった。また、IT人材事業も同20.8%増と順調な滑り出しとなった。

<2303> ドーン 1633 +133
大幅反発。18年5月期の期末配当予想を従来の1株当たり4.50円から6.00円(前期は5.00円)に修正している。通期の純利益予想は前期比16.9%増の1.04億円としているが、4月9日に発表した第3四半期累計(17年6月-18年2月)決算は前年同期比59.4%増の0.71億円と好調だった。また、自己株式の消却も発表している。消却株式数は発行済株式の7.30%に相当する26万株で、消却予定日は25日。

<2158> FRONTEO 1067 +105
大幅続伸で年初来高値更新。子会社のFRONTEOヘルスケアがヘルスケア・インダストリー向けの新しい人工知能(AI)「Concept Encoder」の本格提供を開始したと発表している。Concept Encoderはヘルスケア関連のビッグデータをエビデンス(根拠)に基づき有効に解析・活用することを目標に開発。エビデンスに基づいた医療に欠かせない有意差検定などの統計学的手法を自然言語解析に導入・実現しているという。

<4837> シダックス 471 -18
売り先行。一時446円まで下落して年初来安値を更新した。18年3月期の営業利益を従来予想の22.00億円から11.69億円(前期は12.69億円)に引き下げている。低価格競争や顧客獲得競争の激化に加え、不採算店舗の撤退などの影響で売上高が当初計画を下回る。また、持分法による投資損失や減損損失の計上により、純損益は従来予想の5.00億円の黒字から13.96億円の赤字(同32.20億円の赤字)に転じる見込み。

<3773> AMI 2141 +163
急伸。三井住友カードの債権回収業務部門(東京拠点)に音声認識ソリューション「AmiVoice Communication Suite2」をSCSK<9719>と共同で提供し、3月26日から稼働開始したと発表している。管理者が顧客との会話内容をリアルタイムでモニタリングすることが可能で、オペレーターの応対品質向上に寄与するという。なお、17年6月には大阪拠点の債権回収部門に同ソリューションを導入している。

<4583> カイオム 332 +8
変わらずを挟んで続伸。新潟大学との共同研究の成果に関する論文が米国の論文誌「Oncotarget」に掲載されたと発表している。研究は肝がんのヒト臨床検体でのDLK-1を含む肝前駆細胞マーカーの発現と腫瘍マーカー、病態との関連性や治療標的分子としての可能性について検討したもの。同社は抗DLK-1ヒト化モノクローナル抗体「LIV-1205」を医薬候補抗体として開発中であり、臨床開発に向けた準備を進めている。

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均