3923 ラクス 東証M 09:08
2,130円
前日比
-5 (-0.23%)
比較される銘柄: ITbookビーブレイクセラク
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
57.6 15.90 0.26 7.50
決算発表予定日  2017/11/14

銘柄ニュース

戻る
2016年11月10日16時32分

ラクス---クラウド経費精算システム「楽楽精算」が成長加速、販売アライアンスが奏効


ラクス<3923>は11月10日、2017年3月期第2四半期の決算発表を行った。

売上高は23.37億円(前期比20.3%増)、営業利益は4.10億円(同6.9%増)、経常利益は4.06億円(同6.1%増)、四半期純利益は2.78億円(同9.7%増)と増収増益決算となった。主力のクラウド事業が好調に推移し、導入社数および業績を伸ばした。

具体的には、クラウド事業の中でも経費精算システム「楽楽精算」への経営資源の集中投下により、導入社数が1,500社を突破し(9月)、シェアNO.1を固めた模様だ。営業人員の増強やTVCMをはじめとするマーケティング投資、今期から開始された三菱UFJグループ<8306>で三菱東京UFJ銀行の子会社であるエム・ユー・ティ・ビジネスアウトソーシングやオリックス<8591>などとの販売アライアンスの効果が顕在化した。

2017年3月期通期の業績予想は据え置かれ、17期連続の増収と過去最高益を見込む。下期も「楽楽精算」への投資の時期と位置づけ、マーケティングや機能改善を強化する計画である。特に、人工知能(AI)を活用し経費精算の利便性を高めるプロジェクトが11月に開始されており、その成果に注目したい。

(詳細は、今後公開予定のフィスコ企業調査レポートを参照下さい。)

《TN》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均