3921 ネオジャパン 東証M 15:00
2,011円
前日比
-15 (-0.74%)
比較される銘柄: ラクスNTTDインコムチュア
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.4 2.76 0.40
決算発表予定日  2016/12/12

銘柄ニュース

戻る
2016年03月16日10時24分

ネオジャパンが急反落、今期は増収増益の見通しも前期からは利益率が鈍化

 企業や官公庁向けパッケージ販売とクラウドサービスが2本柱のネオジャパン<3921>が急反落。15日引け後、17年1月期の非連結業績予想を発表した。売上高は前期比9.9%増の20億9300万円、営業利益は同9.1%増の3億9900万円の見通し。

 大規模案件の受注可能性および旧サービスから新サービスへの乗り換えの影響などを勘案し、今期のクラウドサービス売上高は前期比16.5%増を見込む。エンタープライズ版の売上高が官公庁・自治体向け販売などにより堅調に推移すると見込まれること、直近の販売状況からスモール版もほぼ同水準の売上高を維持できるとみて、今期のライセンス売上高も増収を見込み、カスタマイズ売上は、引き合いの状況および受注可能性を考慮し同58.7%増を見込むことから、プロダクト全体の売上高は同4.5%増と予想している。ただ、販売費及び一般管理費については、人件費、データセンタ利用料、減価償却費、広告宣伝費、研究開発費等で、前期と比べコストが増加する見込み。

 同時発表の16年1月期の非連結決算は、売上高は前の期比10.4%増の19億400万円、営業利益は同45.9%増の3億6600万円で着地しており、今期は増益見通しも増益率が1ケタにとどまっていることが嫌気されているようだ。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均