3917 アイリッジ 東証M 15:00
3,395円
前日比
+65 (+1.95%)
比較される銘柄: ブレインPメタップスショーケース
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
67.7 9.98
決算New!  2016/12/09 発表

銘柄ニュース

戻る
2015年12月21日08時11分

アイリッジ---第1四半期の売上高2.29億円、O2Oソリューション「popoinfo」の利用ユーザーが順調に拡大


アイリッジ<3917>が11日に発表した2016年7月期第1四半期の業績は、売上高で2.29億円(前年同期比91.1%増)、営業利益で0.1億円(同109.3%増)、経常利益で0.1億円(同108.9%増)、四半期純利益で0.05億円(66.5%増)となった。

同社は、スマートフォン等をプラットフォームとしたO2O(オンラインtoオフライン)支援を手掛けており、位置連動型プッシュ通知ASP「popinfo」を中心に各種スマートフォンサービス、インターネットサービスの開発、提供を行なっている。popinfoを搭載したスマートフォンアプリの利用ユーザー数は、2015年10月には2,600万ユーザーを超え、順調に推移している。

2016年7月通期の業績予想は、売上高で前期比47.7%増の11.00億円、営業利益で同85.8%増の2.00億円、経常利益で同85.1%増の2.00億円、当期純利益で同85.0%増の1.33億円と大幅な増収増益を見込む。

同社は第3四半期(2月-4月期)の売上の比重が高いため、そうした季節性を考慮すれば順調な進捗と評価できる。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均