3914 JIG-SAW 東証M 15:00
3,295円
前日比
-5 (-0.15%)
比較される銘柄: 伊藤忠テクノ安川情報エコモット
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.03 52.61

銘柄ニュース

戻る
2017年01月26日19時17分

【人工知能による銘柄選択の途中経過検証】AIの選定した銘柄群が予想を上回る順調なスタート


フィスコ<3807>が16日にリリースした「Scorobo for Fintech AI銘柄選択レポート」が、順調なスタートを切っている。同レポートは、テクノスジャパン<3666>の子会社テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)とフィスコによる、FinTech分野における業務提携の第一弾。TDSEの人工知能エンジンScorobo for Fintech Charged StockAnalysisLogic(以下、Scorobo for Fintech)β版(最新改良版)を装填したフィスコAIが、銘柄選択・相場予想等をしたもの。フィスコAIによるデータ解析から抽出された銘柄をフィスコのアナリストが取り上げ、コメントを執筆したレポートである。

今回のレポートは、AI、フィンテック、VR、アップル、有機EL、ZMP・自動運転、原油のテーマのうち、株価上昇期待(スコア)の高いAIより注目される銘柄を選別している。
レポートでは大きく5銘柄を取り上げているほか、そのテーマからスコア上位20銘柄を掲載している。

レポート発行後1週間が経過し、今回パフォーマンスを検証してみた。その結果、1月17日の寄付きをスタートとし、25日までの期間高値による上昇率をみると、以下のとおりとなった。ちなみに、この期間のTOPIXの上昇率は0.8%である。

<3655>ブレインパッド     18.1%
<6050>イー・ガーディアン   17.3%
<3773>アドバンスト・メディア 11.1%
<3744>サイオステクノロジー   5.2%
<3905>データセクション     0.5%

また、リスト内での銘柄では、<2468>フュートレックが+17.3%、<3914>JIG-SAWが+7.4%、<3776>ブロードバンドタワーが+7.2%、<4326>インテージホールディングスが+7.0%等となっている。

26日時点においても、ブレインパッド、イー・ガーディアン、アドバンスト・メディア、サイオステクノロジーは期間高値を更新しているほか、データセクションについても、緩やかなリバウンドをみせてきている。

《WA》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均