3912 モバイルファクトリー 東証M 15:00
2,882円
前日比
-3 (-0.10%)
比較される銘柄: Aimingドリコムgumi
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.0 7.86 0.76 2,718

銘柄ニュース

戻る
2016年07月25日15時24分

モバイルファクトリー---2Q営業利益2.99億円、位置情報連動型ゲーム好調で通期計画を上方修正


モバイルファクトリー<3912>は22日、2016年12月期第2四半期(1-6月)決算を発表。売上高が9.82億円、営業利益が2.99億円、経常利益が3.00億円、四半期純利益が1.97億円だった。ソーシャルアプリサービス、コンテンツサービスいずれも増加しており、位置ゲームは最高売上を更新している。

16年12月期については、売上高が前期比12.5%増の19.71億円、営業利益が同65.7%増の5.20億円、経常利益が同70.4%増の5.21億円、当期純利益が同84.0%増の3.40億円を見込んでいる。位置情報連動型ゲームの「ステーションメモリーズ!」のiOS/Android版が好調に推移していることにより期初計画を上方修正している。

上方修正後の通期計画に対する第2四半期営業利益の進捗率は57.5%となる。あわせて配当予想を修正しており、1株当たり純利益を前回発表予想63円50銭(分割前127円00銭)より、72円30銭(分割前144円60銭)に増額修正している。9月30日を基準日とし、10月1日より株式を1株から2株へ分割を実施することを発表している。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均