3912 モバイルファクトリー 東証M 13:47
2,950円
前日比
+80 (+2.79%)
比較される銘柄: Aimingドリコムgumi
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.9 8.05 0.75 7,861

銘柄ニュース

戻る
2015年11月27日16時08分

モバファク Research Memo(8):広告宣伝費を位置ゲームへ集中投資


■業績動向

●2015年12月期の業績予想上方修正と第4四半期(10月?12月)以降の見通し
モバイルファクトリー<3912>の2015年12月期第3四半期(1月?9月)連結累計業績の営業利益が期初会社予想の96.2%の進捗率となった点を踏まえて、2015年12月期業績予想の上方修正(売上高1,633百万円→1,717百万円、営業利益241百万円→254百万円)を行った。

営業利益の修正幅が小幅にとどまるのは、第4四半期(10月?12月)に2016年12月期以降の位置ゲームの更なる成長を狙い、第3四半期(実績64百万円)の2.6倍の167百万円の広告宣伝費を投入することを計画しているためだ。

第4四半期(10月?12月)の取り組みをサービス別に見ると、ソーシャルアプリサービスでは、位置ゲームに集中投資を行う戦略。具体的には、「駅メモ!」のプロモーションを強化するほか、iOS版/Android版をリリースした「駅奪取」のプロモーションを11月から開始する。加えて、他社との協業による位置ゲームの新作を1タイトルリリースする予定。対照的に、スマートノベルについては、リソースを縮小、新作タイトルの投入はなく、イベント運営と他プラットフォームへの移植にとどめる計画。また、コンテンツサービスに関しても広告宣伝費をコントロールして安定した収益を上げる計画だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《RT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均