3912 モバイルファクトリー 東証M 15:00
2,882円
前日比
-3 (-0.10%)
比較される銘柄: Aimingドリコムgumi
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.0 7.86 0.76 2,718

銘柄ニュース

戻る
2015年10月09日09時14分

モバイルファクトリー---「O2O」「地方創生」関連としての取り組みが相次ぐ


モバイルファクトリー<3912>は、「O2O」関連、「地方創生」関連としての注目度が高まっている。

同社は位置ゲーム「駅奪取シリーズ」「ステーションメモリーズ!」などにより、鉄道事業社や旅行会社と協業したイベントを企画し、地域振興に取り組んでいる。9月下旬から10月上旬にかけては、それに関連するリリースが相次いで発表された。

エイチ・アイ・エス<9603>の「H.I.S.クーポン」と「ステーションメモリーズ!」がアプリ連携し、ハウステンボスと神戸どうぶつ王国へ向かうO2Oコラボイベントが開催される。ゲームユーザーの観光地への移動により、イベント対象駅や観光施設、その周辺の地域活性化に寄与できると考え共同でコラボイベントを開催する。関東鉄道協会と連携した大規模なO2Oイベント「第5回かんとうみんてつモバイルスタンプラリー」の「駅奪取」及び「駅奪取PLUS」による開催、岩手県との連携協定締結も同様の趣旨となる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均