3906 ALBERT 東証M 15:00
12,270円
前日比
-450 (-3.54%)
比較される銘柄: チェンジブレインPクレスコ
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
265 27.03 146
決算発表予定日  2018/10/31

銘柄ニュース

戻る
2018年06月25日10時50分

ALBERTが未踏の9000円台乗せ、AI関連株への物色人気続く

 ALBERT<3906>が1000円を超える上昇で未踏の9000円大台乗せを果たしたほか、ソーバル<2186>が一時ストップ高、ブレインパッド<3655>、メンバーズ<2130>、シグマクシス<6088>なども買い優勢の展開となるなど人工知能(AI)関連の一角に物色資金が流入している。ビッグデータ解析や自動運転システム分野の開発が加速するなか、世界的にAIの専門家の人材争奪戦が過熱している状況にあり、この流れが株式市場にも反映されている。ALBERTは自動運転分野でのデータ分析・アルゴリズム・AI開発などの実力にトヨタ自動車<7203>が着目し、資本・業務提携に動いたことが、大相場の発端となった。このほか、AI分野に経営資源を注ぎ独自技術を有する銘柄群には、トヨタなど大資本との連携に対する思惑も漂い人気化素地が意識される状況にある。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

最終更新日:2018年06月25日 10時52分

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均