3902 MDV 東証1 15:00
2,547円
前日比
-93 (-3.52%)
比較される銘柄: MRTメドピアケアネット
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
139 9.38 2,668

銘柄ニュース

戻る
2015年10月07日16時54分

MDV Research Memo(7):パッケージソフト好調、アドホック調査サービスも急増


■業績動向

(1) 2014年12月期業績

メディカル・データ・ビジョン<3902>の2014年12月期の業績は、売上高が前期比27.5%増の1,950百万円、営業利益が同24.2%増の260百万円、経常利益が同18.1%増の248百万円、当期純利益が同33.9%減の135百万円となった。営業外費用に上場関連費用11百万円が発生したことが、経常利益の伸びを抑えた。当期純利益は、税務上の累損を一掃したことにより法人税等が前期の4百万円から108百万円に跳ね上がり、減益となった。

事業部別売上高動向を見ると、好調なパッケージソフトの販売を反映してデータネットワークサービスが15.2%伸びた。データ利活用サービスは、アドホック調査サービスが72.5%増と急増したことから、54.8%の大幅な増収となった。

○貸借対照表:強固な財務体質
財務体質は、ソフトウェア製品の会社に見られるタイプのものだ。自社生産に特別な設備を必要とせず、また外注会社も利用しているため、固定資産に多額の投資は必要ない。2014年12月期末の現預金は、総資産の67.7%に相当する。無借金である上、自己資本比率は85.4%と高い。

○キャッシュ・フローの状況
2014年12月期のキャッシュ・フローは、営業活動によるキャッシュ・フローのプラスが投資活動によるマイナスを上回った。また、年度末の新規上場に伴う株式発行による973百万円の収入が、投資活動によるキャッシュ・フローを1,021百万円のプラスにした。その結果、現金及び現金同等物の期末残高は、前期比1,120百万円増の1,799百万円となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均