3900 クラウドワークス 東証M 15:00
1,543円
前日比
-292 (-15.91%)
比較される銘柄: リアルワルドうるるパーソルHD
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.88

銘柄ニュース

戻る
2017年02月21日16時06分

クラウドW Research Memo(2):中小企業向けのネット完結型と大企業向けのネット+リアル型の2パターンを展開


■事業内容

クラウドワークス<3900>のクラウドソーシング事業は、吉田浩一郎(よしだこういちろう)代表取締役社長CEOが、日本と海外を行き来するなかで、インターネットを活用した時間と場所にこだわらない働き方に着目し、スタートさせた。原稿、Web制作、デザインなど仕事の内容は多岐にわたる。

クラウドソーシング事業のビジネスモデルは、中小企業向けのネット完結型と、大企業向けのネット+リアル型の2パターンで展開している。中小企業向けはプラットフォームサービスで、ワーカー募集から納品、検収、報酬の支払いまでネットですべて対応。収益は成果報酬型で、マッチングした成約金額によって5~20%のシステム利用手数料を受け取る。一方、大企業向けはエンタープライズサービスで、同社が直接の業務委託先になり、プロジェクトマネジメント(進行管理)手数料により収益を得る仕組みだ。

メインの「クラウドワークス」では、働きたい人が登録し、仕事を発注したい企業とマッチングさせる。空いた時間を活用したい主婦などに好評だ。企業側にとっても、容易に発注先を見つけられる上に、募集から検収、報酬の支払いまで一括して管理してくれるなど、活用する利点が多い。潜在的に、時間や場所に制約されずに働きたいという需要が多い一方、企業のアウトソーシングの流れに沿うため、マッチングさせる対象の「クラウドワーカー」と称するユーザー、クライアントのいずれも急拡大中だ。ユーザー数は2013年9月末には6万7,000人にしか過ぎなかったものの、2016年9月末には100万人を突破。クライアント数も同じく1万3,000社から13万8,000社に急増している。

「クラウドテック」は、フリーランスのエンジニア、デザイナーなどのキャリアサポート事業で、業務を登録会員に再委託するビジネスモデルとなっている。高度なシステム開発やWeb制作のアウトソーシングを希望する「クライアント企業」と、ITエンジニア・Webデザイナーとして活躍するハイスキルな「クラウドワーカー」のマッチングを行う。さらに、「ワオミー」は、個人の作品、スキル、特徴、趣味、生き方、アイデアなど、個人のあらゆる「得意」を出品でき、誰でもそれを買うことができる、新しい形のCtoCサービスだ。イメージとしては、アナログの世界におけるタウン情報誌などの“掲示板”に相当する。プラットフォームにおいて、スピンアウトする形で始めた第三の柱として位置付ける新規のビジネスだ。

最近では、大口顧客のエンタープライズからプラットフォームへの転換が加速しており、それを背景に、2016年9月期第4四半期のプラットフォーム総契約額は、前年同期に比べて6割増加した。同社では、これまでの完全代行に加えて、大企業がプラットフォームの利用支援策として、クライアントの社内代行者がプラットフォームを利用する「法人サポート」をスタート。これによって、更なる市場拡大を見込んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野 文也)

《HN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均