3865 北越紀州製紙 東証1 15:00
725円
前日比
-4 (-0.55%)
比較される銘柄: 大王紙日本紙王子HD
業績: 今期予想
パルプ・紙
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.5 0.75 1.66 0.75
決算発表予定日  2017/11/13

銘柄ニュース

戻る
2016年11月16日07時10分

前日に動いた銘柄 part1:電通、FVC、SOSEI、ブランジスタ、イグニスなど


銘柄名<コード>⇒11月15日終値⇒前日比


JBR<2453> 226 -34
前期業績は下振れ着地で今期も営業減益見通し。

マイクロニクス<6871> 1030 -114
今期の業績見通しがマイナス視される形に。

電通<4324> 5220 -340
7-9月期業績は市場コンセンサスを下回る水準で。

北越紀州<3865> 594 -53
通期営業利益は130億円から105億円に減額。

DIC<4631> 3035 -180
先に観測報道済みで決算インパクトは限定的。

住友ベーク<4203> 530 -37
売上高予想の下方修正などをマイナス視する。

ネクスト<2120> 761 -33
特に材料は観測されず資金シフトの流れに押される形か。

日本農薬<4997> 559 -33
今期は2ケタの営業減益見通しになっており。

関東電化<4047> 827 -47
7-9月期は前年同期比営業減益となる格好で。

カドカワ<9468> 1492 -66
上値の重さを意識で見切り売り優勢か。

ジャストシステム<4686> 1014 -35
上値の重さ嫌気で利食い売り集まる展開か。

学研HLDG<9470> 324 -19
今期業績見通しは想定よりも下振れか。

アイフル<8515> 334 -12
上半期4割超の営業減益を嫌気。

KDDI<9433> 2788.5 -6
ディフェンシブ性が資金流出にもつながる形へ。

セキド<9878> 109 +30
オークファンとの資本業務提携を好感。

フライトHD<3753> 1512 +300
電子決済事業に関して特許権を取得と。

明治機械<6334> 163 +19
上半期業績は大幅な上振れ着地となっており。

RVH<6786> 855 -87
大幅増益決算発表も目先の出尽し感に。

アートスパーク<3663> 2558 -294
ZMP上場承認が正式に発表されたが出尽し感先行へ。

イグニス<3689> 6490 +1000
引き続きVR新子会社への秋元康氏らの資本参加を材料視。

インテアHD<3734> 298 +28
光通信<9435>が株式交換で同社を完全子会社化。

アカツキ<3932> 2564 -346
17年3月期の利益予想レンジを切り下げ。

セプテーニHD<4293> 316 -27
三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング引き下げ。

SOSEI<4565> 15240 +940
16年4-9月期決算はサプライズなしだが水準訂正の動き。

ブランジスタ<6176> 2068 -282
17年9月期は1.5億円の最終赤字見通し。

タツモ<6266> 3275 +395
16年1-9月期の順調な業績や株式分割を材料視。

エスケーエレク<6677> 891 -152
17年9月期は営業利益54%減の見通し。

マルマン<7834> 194 +44
「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載解消。

FVC<8462> 2230 +400
ZMP<7316>の新規上場発表で関連銘柄に物色。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均