3861 王子ホールディングス 東証1 15:00
494円
前日比
+13 (+2.70%)
比較される銘柄: 日本紙大王紙レンゴー
業績: 今期予想
パルプ・紙
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.8 0.87 2.02 1.20

銘柄ニュース

戻る
2016年03月10日11時49分

王子HD、欧州大手証券は厳しい外部環境のなかでも増益が続くと予想

 王子ホールディングス<3861>が反発。プラス圏のまま前場の取引を終えている。

 クレディ・スイス証券では、17年3月期は、パルプ市況の下落によりブラジルのパルプ子会社収益が悪化するとみるものの、中国の印刷用紙事業の減損による償却負担の減少や、エネルギーコスト安、為替の好転などにより、厳しい外部環境のなかでも増益が続くと予想。国内の洋紙事業については、需要減・価格下落懸念があるものの、規模は連結売上高の2割未満にまで減少、仮に今後輸入洋紙が増加しても影響は従来よりも小さく済むと解説。

 レーティング「アウトパフォーム」、目標株価570円でカバレッジを再開している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均