3861 王子ホールディングス 東証1 15:00
495円
前日比
+1 (+0.20%)
比較される銘柄: 日本紙大王紙レンゴー
業績: 今期予想
パルプ・紙
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.8 0.87 2.02 1.20

銘柄ニュース

戻る
2016年03月04日12時46分

王子HDが続伸、国内大手は短期的にセクターの代表銘柄として、良好な株価パフォーマンスを想定

 王子ホールディングス<3861>が3日続伸。マイナススタートしたものの、プラス圏に浮上したあとはしっかりとした展開となっている。

 大和証券は、同社の17年3月期は海外のパルプを主体とする資源環境ビジネスは成長が鈍化するものの、生活産業資材、印刷情報メディアがコストダウン、燃料安メリットを主体に増益を牽引する見通しとリポートで紹介。レーティングは「2」(アウトパフォーム)を継続、目標株価は610円から500円へ引き下げている。

 同証券ではまた、パルプに次ぐ成長ドライバーは現時点では見えないものの、短期的には、燃料安、円高による堅調な業績が見込まれるセクターの代表銘柄として、良好な株価パフォーマンスを想定している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均