信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
サイバーコムの【株価予想】【業績予想】を見る

3852サイバーコム

東証1
1,676円
前日比
-9
-0.53%
比較される銘柄
アイレックス, 
コア, 
NESIC
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.9 2.65 1.07 1.88
時価総額 134億円

銘柄ニュース

戻る

サイバーコム Research Memo(2):SIサービスや自社プロダクト販売などサービス事業へと領域を拡大


■会社概要

1. 会社沿革
サイバーコム<3852>の創業は1978年12月で、宮城県仙台市にコンピュータメーカーのシステム開発を主体として設立された。当時は大手通信機器メーカーの開発部門に小規模ながらも常駐でエンジニアを派遣し、交換機等の通信ネットワーク装置のソフトウェア開発などに携わっていた。そこで通信分野のソフトウェア開発に関する技術を蓄積し、顧客先とも強固な関係を構築していく。ただ、事業規模はまだ小さく経営も安定していなかったため、事業拡大を目的に、当時から取引関係にあった富士ソフトウェア(株)(現 富士ソフト)と資本提携し、富士ソフトウェアグループに参画、同グループで通信分野のソフトウェア開発を中心に業績を伸ばしていくことになる。

2002年には富士ソフトグループ戦略による、ソフトウェア受託開発子会社の集約化によるシナジー効果及びスケールメリットの追及を目的として、同社を含む4社が合併※し、事業基盤をさらに拡大している。同社の事業拠点は仙台、旧サイバーコム(株)は横浜、ボスシステム(株)は新潟、有明システム(株)は熊本(現在は福岡)と拠点が異なる会社を統合したことで、人的リソースの有効活用や採用力の強化にもつながった。

※株式会社ソフトウェア企画(現同社)を存続会社として、サイバーコム、ボスシステム及び有明システムの3社を吸収合併し、サイバーコム株式会社に商号を変更。


2007年6月にジャスダック証券取引所に株式上場を果し(2015年2月に東証2部、2016年4月に東証1部に指定替え)、2010年以降はソフトウェア開発事業だけでなく、新たに自社プロダクトの販売やシステムインテグレーション(サーバ/ネットワーク構築、保守・運用など)などサービス事業にも展開を図り、第2の収益柱へと成長している。

2020年1月末時点の従業員数は1,030名で、事業拠点は横浜、仙台、新潟、我孫子(千葉)、刈谷(愛知)、福岡の6拠点となる。このうち、我孫子オフィスについては営業機会の拡充と業容拡大を図るため2020年6月末で閉鎖し、2020年4月に開設する東京オフィス(収容人数約100名)に移動することを発表している。また、外注先は主に関東圏にあり、人員ベースで800名程度のリソースを確保している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均