3836 アバント JQG 14:28
854円
前日比
+11 (+1.30%)
比較される銘柄: 情報企画OBC東洋BENG
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.4 2.36 1.29

銘柄ニュース

戻る
2015年11月02日12時03分

アバント Research Memo(2):2008年以降、グループ展開やM&Aへの取り組みを活発化


■会社概要

(1)会社沿革

会社の創業は1997年で、現代表取締役社長である森川徹治(もりかわてつじ)氏が「連結会計」に絞ったソフトウェアの開発・販売・支援事業を目的としたディーバ(2013年10月に持株会社制移行とともにアバントに商号変更)を設立したことに始まる。アバント<3836>の主力パッケージ・ソフトウェアである「DivaSystem」は、「制度連結」による決算業務の処理を効率化するだけでなく、様々な経営データ(売上や費用などの詳細分析など)を経営の意思決定に役立てるための「管理連結」にも対応しているのが特徴となっている。

契約企業数が100社程度に達するまでは大手監査法人経由での契約が中心であったものの、その後は日立システムズやNTTデータ<9613>など複数のSIer(システムインテグレーター)と代理店契約を結び、販売チャネル網を拡大しながら契約数を伸ばしてきた。その結果、「DivaSystem」の契約企業数は2015 年6 月末時点で累計859 社まで拡大している。

また、2008年以降はグループ展開やM&Aへの取り組みも活発化させている。2008年に米国で研究開発を目的とした子会社を設立したほか、2009年には企業の開示情報、会計関連法令などの情報検索システムを手掛ける(株)インターネットディスクロージャーを100%子会社化、2011年には連結会計システムだけでなく、個別会計システムやERPなど他社の商材なども含めて販売展開する子会社、(株)ディーバ・ビジネス・イノベーションを100%出資で設立した。さらに、2012年にはBI分野のソリューションサービスを展開する(株)ジールを事業承継によって子会社化している。ジールは、主要な大手海外ベンダーのBIツールを用いて、企業の「管理連結会計・経営」やビッグデータ分析などに活用するためのシステム基盤構築、導入支援を行うSIerである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均