株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 サイステップの【株価予想】【業績予想】を見る

3810サイバーステップ

東証2
1,182円
前日比
-4
-0.34%
比較される銘柄
コロプラ
ガーラ
イーガーディ
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.4 2.35 739
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

<動意株・16日>(大引け)=ビジョン、ビーロット、メガネスーパーなど

 ビジョン<9416>=後場一段高で、上場来高値更新。同社はきょう、2月1~3日にかけて開催される「インバウンドビジネス総合展2017」に出展すると発表。今春レンタル開始予定のウエアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」のタッチ&トライを実施するとしており、これが材料視されているようだ。「ili(イリー)」は、ログバー(東京都渋谷区)が開発しているデバイス。ビジョンとログバーは昨年10月に資本・業務提携を行い、ビジョンが世界に先駆けて17年春からレンタルサービスを開始するとしていた。

 ビーロット<3452>=後場急伸。同社は午後1時ごろ、集計中の16年12月期連結業績について、売上高が従来予想の112億6300万円から117億2000万円(前の期比68.6%増)へ、営業利益が9億7400万円から11億7400万円(同46.8%増)へ、純利益が4億8200万円から5億5000万円(同37.5%増)へ上振れたようだと発表しており、これを好感した買いが入っている。設立2年目となったシンガポール現地法人との連携が強化され、インバウンド施策の一つである日本の不動産を海外投資家へ売却する案件を重ねたことが要因としている。

 メガネスーパー<3318>=後場に入って急動意し、昨年来高値更新。同社はきょう、18~20日にかけて東京ビッグサイトで開催される「第3回ウェアラブルEXPO」で、メガネ型ウエアラブル端末「b.g.(ビージー)」の商品プロトタイプ実機とそのソリューションに関するデモンストレーションおよび展示を行うと発表した。ブース展示では、実機を試着可能なデモンストレーションコーナーを協業パートナーと連携し、活用例に応じて5種類を用意。商品の特長である「見え方」「かけ心地」とともに、拡張性と汎用性の高いソリューションを疑似体験できる。

 Gunosy<6047>=ストップ高で昨年来高値更新。同社はスマートフォン向けにニュース配信アプリを手掛けるが、利用者拡大が顕著でダウンロード数の伸長に伴い広告出稿も増勢、収益が会社側の見通しを上回って推移している。13日取引終了後、17年5月期の連結業績予想の修正を発表しており、売上高を65億600万円から77億4200万円(前期比68.3%増)へ、営業利益を8億6400万円から14億2200万円(同2.5倍)へ、最終利益を7億5100万円から11億300万円(同82.3%増)へ大幅増額、これを好感する買いを誘っている。

 サイバーステップ<3810>=ストップ高。前週末13日も値幅制限いっぱいまで買われており、物色人気が高まっている。同社は13日の取引時間中に、対戦アクションゲーム「ゲットアンプド モバイル」とクイズRPG「Q&Q アンサーズ」の公式サイトをオープンしており、これが引き続き材料視されているもよう。加えて、13日取引終了後に、17年5月期第2四半期累計(16年6~11月)の連結営業損益が2200万円の黒字(前年同期は1億9100万円の赤字)と、従来計画の1000万円の黒字から上振れ着地したことも好感されているようだ。

 TSIホールディングス<3608>=大幅高。同社はレディースを中心とするアパレル大手で百貨店向けブランドの不振もブランドの整理などリストラ効果で利益率が急改善している。13日取引終了後、17年2月期第3四半期累計(2016年3月~11月)の連結決算を発表したが、売上高は1178億1900万円(前年同期比6.0%減)と減収ながら、営業利益は36億800万円(同2.3倍)と好調な伸びを示した。営業利益は通期見通しを既に超過、これがポジティブサプライズとなって買いが集中している。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均