3784 ヴィンクス 東証1 15:00
1,623円
前日比
-88 (-5.14%)
比較される銘柄: フライトアルファクスTDCソフト
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
40.7 3.59 0.62 619
決算発表予定日  2018/11/07

銘柄ニュース

戻る
2018年07月02日09時56分

ヴィンクスが大幅続伸、小売業界セルフレジ導入加速の思惑が追い風

 ヴィンクス<3784>が大幅続伸、5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現から底離れの動きを明示している。イオングループ向けなど流通向けを主力とするシステム開発会社でセルフレジ関連の一角として注目度が高い。無人店舗向けソリューションでは「ANY-CUBE」シリーズなど次世代POSシステムを手掛けており、直近では中国の貴州省に本拠を構えるドラッグストア企業と業務提携に向けた覚書を締結したことも注目された。国内ではカジュアル衣料品のジーユーなどセルフレジ導入を積極的に進めており、今後小売業界でもこの動きが強まる可能性がある。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均