3778 さくらインターネット 東証1 15:00
921円
前日比
-21 (-2.23%)
比較される銘柄: ASJGMOクラウブイキューブ
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
56.1 6.87 0.27 1.12

銘柄ニュース

戻る
2016年07月26日13時51分

インフォテリアが5連騰、“さくら効果”でフィンテック関連の一角に買い人気波及

 インフォテリア<3853>が5連騰と気を吐いている。このほかGMOペイメントゲートウェイ<3769>などフィンテック関連株の一角が逆行高。全般相場は下値模索の展開となっており、目先高値圏に買われた主力銘柄は手掛けにくい地合いで、調整十分の値動きの早い材料株に投機資金の矛先が向かいやすい。

 フィンテック関連人気で先駆組のさくらインターネット<3778>は、25日に17年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表しており、営業利益が2億9100万円と、中間期計画に対する進捗率が73%に達したことから、これを評価するかたちで6連騰と底値離脱を鮮明としている。これが他の銘柄の株価も刺激する格好となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均