3738 ティーガイア 東証1 15:00
2,984円
前日比
-11 (-0.37%)
比較される銘柄: 光通信エヌジェイベネフィJ
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.3 4.29 2.45 0.49

銘柄ニュース

戻る
2018年06月15日10時00分

<注目銘柄>=ティーガイア、デジタル版QUOカードの収益化目指す

 携帯販売代理店最大手のティーガイア<3738>に注目。同社は19年3月期通期業績予想で、売上高5400億円(前期比2.3%減)、経常利益200億円(同30.4%増)と大幅経常増益を見込む。

 主力のモバイル事業では、移転・改装などの店舗機能拡充やICTの活用、変形労働制の浸透により生産性を高めることで利益を確保する。また、ソリューション事業では、法人需要拡大から販売台数・サービスの獲得ともに増加を見込む。一方、決済サービス事業では、プリペイド決済市場の成長を受け、スマートフォンを店頭でかざすことで利用できる「デジタル版QUOカード」という新たな収益基盤の創出を目指す。また、年間配当は前期比18円増の73円を予定している。

 株価は、今年2月以降順調に下値を切り上げ、ここきて3100円を軸にした高値圏でのもちあい商状となっている。ただ、PERは12倍台と依然として割安水準にあり、今後もジリ高歩調が期待できそうだ。(朱)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均