3727 アプリックス 東証M 13:28
234円
前日比
-4 (-1.68%)
比較される銘柄: ネクスGカドカワACCESS
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.96 6.65

銘柄ニュース

戻る
2018年07月02日11時27分

アプリックスが大幅反発、ビーコンが発信する情報を無線LAN経由でネットに送信するゲートウェイ開発

 アプリックス<3727>が大幅反発となっている。6月29日の取引終了後、Beacon(ビーコン)発信する情報を受信し、その情報を無線LAN経由でインターネットに発信する「BeaBridge Gateway(ビーブリッジ ゲートウェイ)」を7月20日に発売すると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。

 従来はBeaconを無線LANに対応しようとすると、消費電力が大きくなる、SSIDやパスワードを設定する方法が必要になる、価格が高くなるなどの課題があったが、「BeaBridge Gateway」とBeaconとあわせて設置することで、離れた場所にある複数のBeaconからの情報をアプリックスのクラウドに集めることができるようになるという。集められた情報については、ユーザーはその情報をいつでもダウンロードして活用でき、「たくさんのBeaconからの情報をできるだけリアルタイムに利用したい」「しかしスマートフォンやPCなどのBeacon受信用の機器を設置しておくことは難しい」といった声に対応したという。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均