3695 GMOリサーチ 東証M 13:55
1,736円
前日比
-2 (-0.12%)
比較される銘柄: インテージHクロスマーケSワイヤー
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
23.2 2.47 2.17

銘柄ニュース

戻る
2016年03月17日16時11分

GMOリサーチ Research Memo(2):大きな成長が見込まれるアジア地域でのパネル構築を積極化


■会社の概要・沿革

(1)会社の概要

GMOリサーチ<3695>は、GMOインターネットグループのインターネットリサーチ専業会社。「最先端のインターネット技術を駆使した、アジア・ナンバーワンの「マーケティング・ソリューション・プラットフォーム」を進化・普及させることによって、世界のマーケティングの変革を実現する」をミッションとして事業を展開する。手掛けている事業は、インターネットを活用した市場調査活動における調査、集計、分析業務の受託で、調査会社、シンクタンク、コンサルティング企業などの調査のプロフェッショナルが主要顧客。日本最大規模の消費者パネル「Japan Cloud Panel」(2015年12月末時点で800万人超)を保有するほか、日本を含む中国や韓国などアジアの13ヶ国・地域での連携によるアジア最大級の調査パネル「Asia Cloud Panel」(同2,009万人)を保有している。2014年10月に東京証券取引所マザーズ市場へ株式を上場した。

(2)沿革

同社の前身は、P2P技術に関する情報収集・研究・普及を目指した組織として2002年4月に設立されたGMO総合研究所株式会社。2006年9月にGMOインターネットグループ内で同業種であるインターネットリサーチ事業を行う旧GMOリサーチ株式会社を吸収合併し、社名をGMOリサーチ株式会社へ変更した。設立当初は、調査会社や広告会社などのマーケティングソリューション提供企業に対するインターネットリサーチパネルを提供する事業を展開していたが、リサーチビジネスのインターネット化の進展に足並みを合わせて、パネルのみの提供から、調査会社の総合的なインターネット化を支援する領域へ事業を拡大。

2010年代以降については、2011年3月に起きた東日本大震災の影響により国内リサーチ市場の成長が鈍化したことが引き金となり、1)国内のオンライン調査比率が十分な水準まで上昇した、2)アジア、特に中国におけるオンライン調査のニーズが今後増大し、数年内に日本並み以上の水準となる??との判断から、アジアを中心とする海外事業拡大路線へ転換した。「アジア発世界へ」を目指し、インターネットリサーチの普及が遅れ、大きな成長が見込まれるアジア地域でのパネル構築を積極化。2012年1月に中国でアンケート調査ができる「China Cloud Panel」のサービスを開始したのを皮切りに、台湾・ベトナム(2012年12月)、韓国・インド(2013年2月)、フィリピン(2013年9月)、タイ(2013年10月)、マレーシア・インドネシア・シンガポール・香港(2014年7月)、オーストラリア(2015年1月)と相次いで国、地域を拡大した。

この動きと並行して、アジア地域及び中国国内の需要増加に対応するために中国(2013年6月)、シンガポール(2012年12月)に子会社を設立し、販売及びパネルの仕入体制を強化。さらに、2013年10月に欧米アジアのビジネス機会の取込みを狙った24時間オペレーションセンターをインドに設立するなど、アジア地域での販売、パネル整備のための体制整備を進める。

一方、国内では2014年5月に業界の業務標準化を進め、クライアントの固定客化を図るため、D.I.Y型(セルフ型)リサーチシステムである「GMO Market Observer」サービスの提供を開始。さらに、2015年9月には日本とともに最重点国として位置付けた中国における調査パネルの一段の拡大を図るため、中国最大規模の消費者パネルを保有するIgnite Vision Limited社※の純粋持ち株会社Ignite Vision Holdings社と資本・業務提携を行った。

※Ignite Vision Limited社は中国国内の500を超えるメディア(媒体)ネットワークによる消費者パネルを有しており、3,000万人を超えるモニターへのリーチが可能。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均