貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
イルグルムの【株価予想】【業績予想】を見る

3690イルグルム

東証M
1,154円
前日比
+13
+1.14%
比較される銘柄
サイオス, 
アステリア, 
日エンター
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
56.0 6.41 17.17
時価総額 73.5億円

銘柄ニュース

戻る

ロックオン Research Memo(4):2019年9月期第2四半期は投資回収期間に入り、公約通り黒字化


■業績動向

1. 2019年9月期第2四半期の業績概要
株式会社ロックオン<3690>の2019年9月期第2四半期の売上高は1,081百万円(前年同期比23.2%増)、営業利益21百万円(前年同期は70百万円の損失)、経常利益17百万円(同81百万円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失46百万円(同58百万円の損失)となり増収を継続するとともに損失が縮小した。

売上高に関しては、主力のマーケティングPF事業が前年同期比31.0%増と成長をけん引した。主力サービス「アドエビス」での昨年からの新価格体系への移行により平均単価98,042円/月(前年同期比22,196円増、29.3%増)に上昇。これにより低価格帯の顧客で解約が発生し、1,516件(同37件増、2.5%増)と顧客数の伸びは鈍化した。結果として単価向上が寄与して大幅増収となった。商流PF事業ではEC受託開発業務(ソリューション)の移管の影響が残り同15.1%減となったが、全社としては同23.2%増と増収基調が鮮明になった。

営業利益に関しては、2019年9月期は投資回収期という位置付けどおり、第2四半期で黒字化を達成した。人件費の84百万円増、サーバー費等の原価の増加32百万円増などのコスト増があったものの、マーケティングPF事業の増収効果が上回った。なお、2019年9月期第2四半期は訴訟関連損失60百万円を特別損失に計上したため、親会社株主に帰属する四半期純損失は46百万円となったが、一過性であり下期以降は発生しない。


今後、投資回収時期に入り財務は強化される予想
2. 財務状況と経営指標
2019年9月期第2四半期の総資産は前期末比82百万円増の2,242百万円となった。そのうち流動資産は216百万円減であり、現金及び預金の269百万円減が主な要因である。そのうち固定資産は299百万円増であり、無形固定資産208百万円増が主な要因である。

負債合計は前期末比207百万円増の1,192百万円となった。そのうち流動負債は307百万円増であり、短期借入金の200百万円増および未払金91百万円増が主な要因である。

経営指標(2019年9月期第2四半期末)では、流動比率146.8%、自己資本比率46.8%となっており、中長期的な安全性に懸念はない。今後は投資回収時期となるため、財務体質は強化の方向に向かうことが予想される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)

《YM》

 提供:フィスコ

日経平均