3689 イグニス 東証M 15:00
9,040円
前日比
-70 (-0.77%)
比較される銘柄: アクセルMディーエヌエセプテニHD
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
23.11 153

銘柄ニュース

戻る
2016年12月02日07時32分

前日に動いた銘柄 part2:三菱UFJ、ファーストリテ、イグニス、小僧寿しなど


銘柄名<コード>⇒12月1日終値⇒前日比


日東電工<6988> 8207 +311
8000円レベルの上値抵抗線を突破で上値追い。

住友化学<4005> 544 +21
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き上げ。

宇部興産<4208> 250 +12
シティグループ証券では買い推奨に格上げ。

日本アジア<8518> 591 -95
30日は長い上ひげ示現で過熱感意識も。

日本ライフライン<7575> 2398 -187
輸入商社であり円安デメリット意識も。

東京テアトル<9633> 182 -2
上値到達感からの手仕舞い売りが継続へ。

サイゼリヤ<7581> 2728 -37
円安デメリット銘柄として売り対象になるか。

フュージョン<4845> 1057 -47
30日には借入による資金調達の実施を発表。

東海運<9380> 463 -15
ロシアとの経済協力などに対する過度な期待値低下の格好か。

スタートトゥデイ<3092> 1687 -70
衣料品で値下げの動きなどとも伝わっており。

三菱UFJ<8306> 687.1 +17.3
財務長官人事を受けて米国金融株が上昇。

三菱重<7011> 520.9 +14.1
原油高によるリスクオンの流れに乗る。

ANA<9202> 309.5 -7.8
原油高デメリットセクターとして軟化。

三井物産<8031> 1586.5 +45
原油市況上昇で総合商社なども買われる。

トヨタ<7203> 6707 +58
為替市場での一段の円安進行などを材料視。

ファーストリテ<9983> 40460 +890
先物上昇に連れ高、2日の月次発表にも期待か。

ダイトーケミ<4366> 602 +100
特別利益計上などによる来期のEPS増大など材料視も。

安川情報<2354> 1092 +150
子会社の譲渡で特別利益発生と。

セキド<9878> 113 +3
オークファンとの業務提携が材料視される。

アスコット<3264> 665 -60
カジノ関連との見方から関心を集めるも荒い値動き。

スタジオアタオ<3550> 3870 +285
直近IPO銘柄に循環物色。業績期待が背景。

イグニス<3689> 9120 +120
信用規制実施中ながら引き続きVR子会社が期待材料に。

はてな<3930> 1748 -114
16年8-10月期は営業利益24%減で着地。

エルテス<3967> 7830 +320
30日に初値形成。その後ストップ高まで買われる。

フジプレアム<4237> 363 -39
次期iPhoneに関する報道を受け急伸した反動。

Jストリーム<4308> 681 +100
1日より信用規制解除。

オンコリスバイ<4588> 1091 +150
テロメライシンの中国ライセンス契約締結。

マルマン<7834> 314 +80
ゴルフ場運営子会社を売却。禁煙関連として関心高い。

小僧寿し<9973> 115 +30
アスラポート<3069>と資本業務提携。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均