3686 ディー・エル・イー 東証1 15:00
435円
前日比
+14 (+3.33%)
比較される銘柄: 東映アニメIGポートマーベラス
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
4.66 3.26
決算発表予定日  2017/11/14

銘柄ニュース

戻る
2016年11月04日16時11分

DLE Research Memo(1):独自の「ファスト・エンタテインメントモデル」で右肩上がりに業績拡大


ディー・エル・イー<3686>はIP※を自社で保有するキャラクターやブランドを、インターネット・モバイル時代に最適化させたスタイルで映像、セールスプロモーション、デジタルコンテンツ、グッズ販売など多方面で活用し、短期間に収益を上げる独自の「ファスト・エンタテインメントモデル」で、2014年3月に東証マザーズ上場、2016年4月には東証1部への市場変更と、急成長を遂げてきた企業である。同社の主なキャラクターは、いずれもインターネット・TV・映画等、マルチメディア展開中であり、2016年で10周年を迎えアニメ化は7回を数える「秘密結社 鷹の爪」、静岡エリアからスタートし、今や日本のみならず世界にまで人気が広がった「パンパカパンツ」、日本テレビ<9404>系の朝の情報番組「ZIP」内で放送され、知名度急上昇中の「貝社員」などがある。

※IP…Intellectual Property:著作権や商標権等の知的財産権

同社の事業領域にはキャラクターを活用したセールスプロモーション、アプリ、スタンプなどのデジタルコンテンツ、グッズ製作等を中心的に手掛けるソーシャルコミュニケーション領域、キャラクターや実写など、TV、映画、Web等の映像コンテンツのプロデュースを手掛けるIPクリエイション領域がある。2015年6月には、日本最大級のファッションイベント「TOKYO GIRLS COLLECTION(TGC)」の商標権を取得し、中国のファッション専業EC最大手Hifashion Group Inc.(以下、Hifashion)と業務提携し、越境EC事業に参入するなどファッション、ビューティという新たな事業展開を始めた。さらに、2016年9月には「TGC」のイベントプロデュースを行っていた(株)W mediaをグループ会社化、オンラインに加えオフラインでもエンタテインメントサービスを創出することを狙っている。

2016年6月期は、各キャラクターの価値増大やTGC買収による事業領域拡大で、売上高が前期比52.5%増の3,079百万円を達成したが、営業利益は先行投資負担により同24.5%減の249百万円にとどまっている。今後は、キャラクターの更なる認知度拡大、中国の消費者向けに日本のブランドを届ける日中ファッションハイウェイ構想、中国のアニメ・キャラクタ?市場に向けてのIPビジネスノウハウの提供などで更なる業績拡大を図っている。

■Check Point
・「秘密結社 鷹の爪」、「パンパカパンツ」、「貝社員」などのキャラクターが認知度拡大
・日本最大級のファッションイベント「TGC」の買収など積極投資
・中・日アニメファンドの日本拠点を設立し、中国の巨大映画市場へ進出
・既存事業の好調に加え新規事業進出で、売上は右肩上がりで急増中

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均