3683 サイバーリンクス 東証1 09:29
997円
前日比
+7 (+0.71%)
比較される銘柄: BBタワーアイルエイジア
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.7 1.42 1.32 23.59

銘柄ニュース

戻る
2015年09月24日11時33分

サイバーリンクス Research Memo(3):共同利用型のクラウドサービスを提供


■会社概要

(2)事業概要

サイバーリンクス<3683>の手掛ける事業は、流通業向け及び官公庁向けなどに主にクラウドサービスを提供するITクラウド事業とドコモショップを運営するモバイルネットワーク事業の2事業からなる。2014年12月期の売上構成はITクラウド事業が51.3%、モバイルネットワーク事業が48.7%。2015年12月期第2四半期(2015年1月?6月)について見ると、ITクラウド事業55.3%、モバイルネットワーク事業44.7%と、流通、官公庁向けの受注拡大によりITクラウド事業のウエイトが高まる傾向にある。

a) ITクラウド事業
ITクラウド事業は、顧客ユーザー別に流通クラウド分野(2014年12月期売上構成:ITクラウド事業の44.3%)と官公庁クラウド分野(同55.7%)に大別される。クラウドサービスの特長は個別企業の機能追求型でなく、共同利用により業界最善の機能を安価に提供することにウエイトを置いており、同社では「シェアクラウド」と呼び一般のクラウドサービスとの違いを強調している。安価にサービスを提供できる仕組みは、ソフトウェア、ハードウェアをユーザーが共同利用、開発面では仮想技術、オープンソースの積極的な活用、さらに同社のセンター※での集中運用をうまく組み合わせることにより、開発・運用コストを低く抑えることができるため。
※自社のデータセンター2拠点と、大手通信会社などのデータセンターを活用したバックアップセンター2拠点を設け、国内4拠点のデータセンターで分散稼働する環境を整えている。

●流通クラウド分野
流通クラウド事業は、顧客ユーザー業種別に食品小売向け、加工食品卸売向け及び専門店向けに分けることができる。食品小売向けは、2005年に日本で初めて小規模企業(年商300億円未満)向けの小売基幹業務クラウドサービス「@rms(アームズ)基幹」※の提供を開始。以後、基幹系のサービスに加えて生鮮発注システム、ネットスーパーシステム、単品情報分析システム、小売業向け棚割システムなど中・大規模企業(年商300~1,000億円超規模)に対応した周辺サービスまでのサービスラインナップの拡充に取り組む。この結果、食品スーパーの業務を小規模から中・大規模企業までフルサポートできる体制を整え、顧客基盤を順調に拡大してきた。2015年6月末時点における導入社数は218社(内訳は小規模小売企業164社、中・大規模小売企業54社)で、クラウド小売基幹系導入社数は業界No.1を誇る。
※「みんなのCGCシステム」というサービス名で事業を展開する(株)シジシージャパン(全国の中堅・中小スーパーマーケット約220社が加盟するボランタリーチェーン(同業種の小売店が各店の独立性を維持しながら、仕入れや広告などの営業活動を共同で実施する組織体)の本部)の推奨システムに採用されている。

一方、加工食品卸売向けは、小売企業からの様々な通信手段による受発注データを卸売企業に代わって一括代行受信し、統一規格(流通BMS※)等に変換して提供する流通EDIクラウドサービスを2007年からスタート。2015年時6末点で食品加工卸売大手3社を含む42社(年商1,000億円超の企業が主力で、上位10社中7社が導入)が同社のサービスを導入しており、卸側のEDI処理量でNo.1のポジションを確立している。
※流通ビジネスメッセージ標準(Business Message Standards)の略。流通事業者(メーカー、卸、小売)が統一的に利用できるEDIの標準仕様。

さらに、食品小売業、卸売業、メーカー向けに商品画像データサービス(Mdb:Multimedia Data Base※)、棚割マネジメントシステムを提供する。
※食品、菓子、生活雑貨、酒等の商品画像及び商品情報(商品名、JANコード等)をデータベース化し、ネットスーパー用の画像や小売店における棚割画像として提供する国内最大規模の食品系画像データベースとなっている。

専門店向けは、主にアパレル、化粧品、生活雑貨等を専門的に扱う販売店に対して、米国Retail Pro Internationalの国内代理店として専門店向け販売在庫管理システム「retailpro」の販売、導入、サポートを行う。

●官公庁クラウド分野
官公庁クラウド分野では1964年以降、和歌山県内の自治体向けに防災行政無線システムを始めとする通信システムの施工・保守、行政情報システムの導入・運用サポートを手掛けている。加えて、小中学校向け校務システム「Clarinet」、医療連携プラットフォームなどのクラウドサービスも提供する。なお、行政情報システムはクラウドサービスへの移行を開始しているほか、防災システムも将来的にクラウドサービスへ移行する構想となっている。主要ユーザーは和歌山県の地方公共団体。校務システムは和歌山県の小中学校105校に加えて、神戸市の小中学校(2017年までに250校への導入が決定、導入が開始されている)。医療連携プラットフォームの顧客は和歌山県下の公立9病院、今年4月には調剤薬局との連携を開始した。

b)モバイルネットワーク事業
NTTドコモの代理店であるコネクシオ<9422>と締結している「代理店契約」に基づき2次代理店として、和歌山県下に7店のドコモショップを運営。一般顧客向けにNTTドコモのスマートフォンや携帯電話、アクセサリー商品等の販売、料金プランのコンサルティング、契約取次ぎ、通信料金の収納、故障受付などのアフターサービスを提供する。また、ドコモの代理業務として法人向けにスマートフォンの販売、料金プランのコンサルティング、契約取次ぎ、故障受付、モバイルシステムの提案と販売を行う。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均