3681 ブイキューブ 東証1 15:00
647円
前日比
-15 (-2.27%)
比較される銘柄: SCSKインフォテリインフォメD
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.59 3.68

銘柄ニュース

戻る
2016年06月21日16時39分

本日の注目個別銘柄:宮入バルブ、第一三共、THKなど


<3681> ブイキューブ 1109 +82
大幅続伸。インド最大手のWeb会議サービス事業者と共同で、インドのスマートシティ実現に向けた共同プロジェクト実施で合意と前日に発表。インドでは政府が社会インフラのIT化を協力に推し進めており、今回の合意を受けて、ビジュアルコミュニケーションサービスの多大な需要獲得に対する期待感などが高まる格好に。直近で株価の調整色が強まっていたが、1000円割れ水準での下げ達成感なども。

<5631> 日本製鋼所 464 -26
大幅反落。モルガン・スタンレーMUFG証券では、投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げ、売り材料視される格好になっているようだ。目標株価は470円で変更なく、足元の株価上昇で潜在的な上値余地が縮小したとの判断。再評価には、アフターサービス売上増など、現行生産能力でも可能な産業機械事業の売上増・収益性改善シナリオの顕在化などが必要としているようだ。

<8803> 平和不動産 1322 +120
上昇率2位。野村證券では投資判断を新規に「バイ」、目標株価を2560円としている。高い目標株価水準がインパクトを与える格好にも。資産面からみて株価には割安感が強いとの判断のようだ。また、懸念されている「東京証券取引所ビル」の賃料は、既に市場平均並みに低下しており、現在の市場環境からみて、値下がりの可能性は低いとも判断しているようだ。

<4568> 第一三共 2576 +189
大幅続伸。前日に発表した自社株買いの実施が買い材料視されている。発行済み株式数の4.1%に当たる2800万株を上限としており、取得期間は本日から10月28日までとなっている。昨年5-8月にも500億円規模の自社株買いを実施、2年連続の自社株買いとなる。継続的な株主還元策が評価されているほか、短期的には需給期待なども高まる格好に。

<6495> 宮入バルブ 121 +14
急伸。高圧ガス用のバルブにおいて世界的に有数の企業である伊パルテカと、業務提携に向けた検討を開始することで合意と発表している。国内外における相互の製品プロモーション、相互のOEM生産、製品開発における技術協力などを検討していくもよう。協業によるシナジー効果の発現や業容拡大を期待する動きが先行へ。

<6481> THK 1858 -75
大幅反落。ゴールドマン・サックス証券(GS)では投資判断を「中立」から「売り」に格下げしている。目標株価は1700円としているもよう。産機向け直動部品は順調だが、買収により売上高の半分弱を占めるようになった自動車部品は、生産台数停滞と交易条件の悪化などが重しとしている。なお、GSではジェイテクト<6473>も同様に格下げしている。

<6752> パナソニック 939.7 +15.1
堅調。メリルリンチ日本証券では投資判断「買い」でカバレッジを再開、目標株価を1300円としている。17.3期から19.3期のEBITDA 年平均成長率15%が予想されるのに対して、17.3期EV/EBITDA3.5倍には割安感が強いと評価。テスラJVに加えて、エコと車載が成長を牽引していくとみられるほか、経営改革もまだ継続していくと指摘している。

<3333> あさひ 1532 +5
しっかり。前日に第1四半期の決算を発表している。営業利益は27.3億円で前年同期比12.6%増益、通期計画34.6億円、前期比7.1%増益予想に対して順調な進捗となっていることが評価材料視される。電動自転車やスポーツ用自転車の販売が好調、「イクメン」向け「88サイクル」などのPB商品も好調な滑り出しとなっているもよう。

《XH》

 提供:フィスコ

日経平均