3680 ホットリンク 東証M 15:00
439円
前日比
-9 (-2.01%)
比較される銘柄: データセクインテージHイード
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.02 5.79

銘柄ニュース

戻る
2016年06月08日14時11分

ホットリンク---「WeChat Pay」日本進出に向けテンセント社の決済パートナー(マーチャントサポート社)と協業


ホットリンク<3680>は7日、中国最大級IT企業テンセント社傘下のWeChat Pay事業部と、日本インバウンド市場におけるプロモーション領域での協業を開始することについて覚書を締結したと発表した。同時に、テンセント社が運営するSNS決済サービス「WeChat Pay」の日本における決済公式パートナーであるマーチャント・サポート社(本社:東京都新宿区、代表取締役 東山正彦)と、中国最大のコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」を活用した訪日中国人向けインバウンド対策事業において業務提携したと発表した。

テンセント社の代表的なサービスであり、中国版「LINE」と呼ばれるコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」は、中国国内外で7.6億人に利用されており、中国ではスマートフォン利用者の約9割にインストールされており、香港やマカオでも多くのユーザーに利用されている。

インバウンド市場の急速な拡大を受け、同社は訪日中国人向けインバウンド対策支援サービスの拡大を目的にテンセント社WeChat Pay事業部とMOUを結び、さらにマーチャント・サポート社との提携により、日本企業の「WeChat」を活用した訪日中国人向けインバウンドプロモーション支援や、店舗等での「WeChat Pay」導入促進および「WeChat」の認証公式アカウントの開設・運用を促進する事により訪日中国人客の決済時の利便性向上に貢献するとしている。

「WeChat」の幅広い機能による販促・集客プロモーションは、中国国内だけでなく世界中で展開されており、訪日中国人向けに、店舗案内やクーポン発券等の訪日前のコミュニケーションから、訪日時の店舗でのスムーズな決済、訪日後には新商品やアフターサービスの案内等、さらにはオンラインショッピングへの誘導まで一貫した販促プロモーション実施が可能としている。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均