3676 HUG 東証1 15:00
1,475円
前日比
-3 (-0.20%)
比較される銘柄: ポールHDコナミHDコムシード
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.5 10.50 0.71 1.70

銘柄ニュース

戻る
2016年01月04日15時04分

<動意株・4日>(大引け)=ドーン、HUG、綿半HDなど

 ドーン<2303>=ストップ高。同社はGIS(地理情報システム)クラウドソリューションを業界に先駆けて展開し、官公庁や自治体に加え、民間企業向けにも高い実績を持っている。この技術が自動運転車分野でもキーカンパニーの一社として商機をつかむ可能性が指摘されている。自動運転車関連銘柄のなかでは株価に出遅れ感があり、2014年に2040円の高値まで一気に駆け上がるなど急騰習性にも注目が集まっているようだ。

 ハーツユナイテッドグループ<3676>=6日続伸。安倍晋三首相が2020年の東京五輪までに自動運転車の実用化と普及促進に前向きな姿勢を明示し、自動運転車の開発・普及に強力な国策の後押しが利いている。そのなか、直近では経済産業省が自動運転車の実用化に向け、市街地をイメージした専門テストコースを整備することが伝わり、関連銘柄が勢いづいた。

 綿半ホールディングス<3199>=後場一段高。同社は昨年12月下旬に東証2部から1部に市場変更しており、今月末のTOPIX組み入れへの期待がある。また、地方自治体に本社機能を移転した企業に対して地方税を減額する動きが広がるなか、4日付の日本経済新聞は「長野県は法人事業税を3年間95%減額する」と報じた。同社の本社は東京だが、ホームセンターなどの事業基盤は主に長野県に置いており、同県へ本社を移転した場合、事業税が減額されることに対する思惑買いが流入している様子だ。

 ジャパンシステム<9758>=ストップ高。今月から社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度の運用がスタートしたことに伴い、マイナンバー対応の情報セキュリティーソリューションを提供する同社にも関連銘柄人気が波及しているもよう。海外株安や為替の円高含み、さらに中国をはじめとするアジア株の軟調で全般相場が悪化しているだけに、注目のテーマ株として同関連銘柄に物色の矛先が向かう要因ともなっているようだ。

 ヒト・コミュニケーションズ<3654>=4連騰。時価は上場来高値圏をまい進する状況にあり、戻り売り圧力のない点が強みとなっている。PER19倍に割安感はないが、毎期増配を続けるほか、20%を超えるROEは魅力であり、投資ファンドの買い増しなどに期待が募っている。

 日本エアーテック<6291>逆行高。IT、バイオ業界向けクリーンルームと関連機器の専業メーカーで、15年12月期営業利益は前期比2.6倍の2億1000万円を見込む。世界最大の資産運用会社であるブラックロックが同社株を買い増す動きをみせていることで、市場でも注目されている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均