3675 クロスマーケ 東証M 15:00
513円
前日比
-7 (-1.35%)
比較される銘柄: イードインテージHアイドマMC
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
3.03 1.07 40.43

銘柄ニュース

戻る
2016年11月17日07時47分

クロス・マーケティンググループ---3Q売上高6.3%増、主力のリサーチ事業は国内事業会社が堅調


クロス・マーケティンググループ<3675>は14日、2016年12月期第3四半期(16年1-9月)決算を発表。売上高が前年同期比6.3%増の108.39億円、営業利益が同3.4%増の6.74億円、経常利益が同0.6%減の6.07億円、四半期純利益が同3.2%減の4.04億円だった。

セグメント別では、リサーチ事業の売上高は前年同期比2.7%増の91.42億円、セグメント利益は同5.8%増の14.54億円だった。国内事業会社が堅調に推移したほか、各種経費のコントロールや原価管理の徹底等が寄与した。ITソリューション事業の売上高は同21.9%増の15.30億円、セグメント利益は同11.0%減の1.00億円だった。既存顧客から継続的に案件を受注しており、売上・受注ともに前年同期を上回った。その他の事業の売上高は同174.0%増の4.72億円、セグメント利益は0.19億円(前年同期は0.50億円の損失)だった。

16年12月期通期については、売上高が前期比11.3%増の165.35億円、営業利益が同1.5%増の12.51億円、経常利益が同2.3%増の12.13億円、当期純利益が同14.6%増の6.40億円とする期初計画を据え置いている。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均