3675 クロスマーケ 東証M 15:00
351円
前日比
0 (0.00%)
比較される銘柄: イードインテージHデータセク
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.7 1.86 1.42 573

銘柄ニュース

戻る
2016年03月14日16時08分

クロスマーケ Research Memo(5):Webサイト、アプリ開発を行うエンジニアリング会社を買収


■クロス・マーケティンググループ<3675>の事業の内容

(2) ITソリューション事業

連結子会社(株)クロス・コミュニケーションが手掛ける事業。モバイルやスマートフォンを中心にWebサイト、アプリケーション、システムの企画・開発・運用、プロモーションまでのサービスに必要なあらゆる機能をワンストップで提供する。主要ユーザは証券やFX取引など金融機関や大手旅行代理店など広範囲にわたる。なお、首都圏で難しくなっている人材を確保し、開発力を強化するために函館市に「函館テクニカルセンター」を開設。また、クロス・コミュニケーションの傘下の子会社(株)クロス・プロップワークス(2015年4月設立、本社:北海道函館市)がグループ内のデータ加工・処理業務等のアウトソーシングサービスを行うほか、子会社(株)クロス・ジェイ・テック(2015年9月にM&A、本社:東京)がエンジニアをユーザのオフィスに駐在させるシステムエンジニアリングサービスを行う。

(3)その他の事業

その他の事業は、Webマーケティング事業とプロモーション事業からなる。Webマーケティング事業は連結子会社(株)UNCOVER TRUTHがWeb/MobileマーケティングやUI・UXコンサルティング※1などの事業を展開する。主力はWeb及びスマートフォンサイト内分析ツール「USERDIVE」※2の販売、及びツールを活用したコンサルティングサービスを提供している。USERDIVEの導入企業数(2015年12月末時点)は200社超となっており、化学、中古車販売、ISP、衛星放送など幅広い業種にわたる。一方、プロモーション事業は、連結子会社(株)ディーアンドエムがプロモーション等マーケティング支援に関する事業を行っている。

※1 UIはユーザインターフェース(User Interface)の略。コンピュータやモバイル端末などを操作するときの画面表示、ウインドウ、メニューの言葉などの表現や操作感のこと。UXはユーザーエクスペリエンス(User Experience)の略。ある製品やサービスを利用、消費したときに得られる体験の総体。個別の機能や使いやすさのみならず、ユーザが真にやりたいことを楽しく、心地よく実現できるかどうかを重視した概念。
※2 Webサイトに訪れたユーザの動きをヒートマップと動画で可視化するツール。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均