信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
テクノスJの【株価予想】【業績予想】を見る

3666テクノスジャパン

東証1
803円
前日比
+5
+0.63%
比較される銘柄
チェンジ, 
フォーカス, 
IPS
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.6 3.36
時価総額 164億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

<動意株・3日>(前引け)=すららネット、santec、テクノスJ

 すららネット<3998>=上値指向。7月31日の取引終了後、20年12月期の単独業績予想について、売上高を13億6400万円から14億8100万円(前期比29.8%増)へ、営業利益を1億5200万円から2億7100万円(同4.2倍)へ、最終利益を1億1400万円から1億9300万円(同4.4倍)へ上方修正した。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言や外出自粛による全国の小中高校の臨時休校などの影響で、オンライン学習や在宅学習需要が拡大し、同社の「すらら」やその姉妹版「すららドリル」の利用者数が伸長していることが売上高・利益を押し上げる。また、対面での営業活動やセミナーをオンラインに切り替えたことで、出張費用などの関連費用が抑制できていることも寄与する。なお、同時に発表した第2四半期累計(1~6月)決算は、売上高6億7700万円(前年同期比25.0%増)、営業利益1億8500万円(前年同期5800万円の赤字)、最終利益1億3400万円(同4100万円の赤字)だった。

 santec<6777>=ストップ高。7月31日の取引終了後、21年3月期上期(4~9月)の連結経常利益が9億3000万円(前年同期比2倍)になりそうだと発表。従来予想の4億8000万円(同5.3%増)から大幅上方修正となり、これが好感されている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一部製品に出荷の延伸要請があるものの、光部品や波長可変光源の販売数量が想定以上に伸び、売上高が計画を大幅に上回ることが寄与。好採算製品の販売増加に加え、コロナ禍で旅費交通費や広告宣伝費などが減少することも利益を押し上げる。併せて、通期の同利益を従来予想の10億2000万円(前期比0.3%減)から12億円(同17.3%増)へ増額修正した。通期予想は新型コロナウイルスや米中貿易摩擦の長期化リスクを慎重に判断したという。なお、同時に発表した第1四半期(4~6月)の同利益は前年同期比2.7倍の6億1700万円だった。

 テクノスジャパン<3666>=再び25日線上抜ける。同社はERPソフトの導入支援ビジネスを手掛け、世界屈指のソフトウエア企業である独SAP製を中心に顧客獲得を進めている。顧客情報を統合・一元管理する顧客管理システム(CRM)の構築で優位性を持ち、ERPとCRMを連携してサプライチェーンの効率化を実現するプラットフォームでも新境地を開拓中で、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連の有力株としてマーケットの視線も熱い。前週末7月31日取引終了後に発表した20年4~6月期決算は営業利益が前年同期比54%増の2億6000万円と大幅な伸びを達成、これを手掛かり材料に買いを呼び込んでいる。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

日経平均