3655 ブレインパッド 東証1 15:00
6,730円
前日比
+410 (+6.49%)
比較される銘柄: NTTデータALBERTエイジア
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
94.8 25.23 0.78
決算発表予定日  2018/11/09

銘柄ニュース

戻る
2017年02月20日11時26分

AI関連の上昇目立つ、“ソフトバンク効果”で関連銘柄に息吹

 ブレインパッド<3655>が3日続伸で1200円台回復を指呼の間に捉えているほか、データセクション<3905>も3連騰で5日移動平均線を足場に上昇加速、メタップス<6172>、サイジニア<6031>、ロックオン<3690>なども買い優勢の展開と人工知能(AI)関連株に上値追いが目立っている。

 国内外を問わず、IT企業のAI分野での連携やM&Aの動きが活発化している。国内でその中軸にあるのは巨額ファンドを立ち上げ同分野の主導権を握ることに虎視眈々のソフトバンクグループ<9984>だ。前週15日にも、米投資会社のフォートレス・インベストメント・グループを買収することを発表、業容拡大に向け貪欲な姿勢をみせているが、同社はあらゆるものがネットと接続されるIoTや、AIの研究開発強化にその照準を合わせている。国内でも同分野に注力姿勢にある企業群は合従連衡の有力な対象のひとつとして存在感を高めている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均